原理

| 未分類 |

ニードル脱毛の原理を簡単にご紹介します。ニードル脱毛とはいわゆる針脱毛のことで、プローブと呼ばれる脱毛専用の細い針を毛穴に刺して電気を流します。電気の発熱によって毛根(毛乳頭)及びその周辺組織を破壊し、更にその後の凝固作用によって毛の再生能力を失わせることで永久脱毛を行う技法です。
                                               トマト                                             

まず、ニードル脱毛を行う前の下準備として少し毛を生やした状態にしておく必要があります。毛が生えている状態でないと、電気でダメージを与えるターゲットである毛根が見つけづらく、脱毛が効果的に行えない場合があるためです。下準備が整ったところで針を毛穴に刺し、10秒~20秒間電気を流して毛根へ直接ダメージを与えます。この繰り返しを毛根へ行うことで、確実に永久脱毛が行えるのです。電気の熱によって直接ダメージを受けた毛根は、施術の後1週間~2週間ほどで自然に脱け落ちます。ニードル脱毛は、エステティシャンなどの熟練した技術を持つ術者が、毛根一本一本へ向けて確実に施術するするため、レーザー脱毛施術後に残ってしまった毛根や、眉毛の脱毛、ビキニラインの内側の毛根など、レーザーでは処理できない毛根への対処として有効な方法といえるでしょう。