| 未分類 |

ニードル脱毛というのは、相当熟練した施術者でなければ電気を通した針を毛穴に触れさせて痛みを感じたり、赤みが生じることがあります。そのため、ムダ毛が太くなかなか脱毛の効果が得られないわきや足など、比較的痛みが少なく、ある程度は肌荒れが生じても大きな問題にはならない個所を中心に受けることが多いですが、顔の脱毛に利用する人もいます。
                                               赤かぶ01                                                                              

基本的に、技術力の高い施術者に脱毛してもらうことが必要最低条件とはなりますが、医療レーザー脱毛ではなかなか効果が得られない産毛や細いムダ毛であっても、ニードル脱毛ならば確実に処理することができます。しかも、直接毛根にダメージを与える方法ですのでムダ毛の再生がほとんどなく、永久脱毛の方法としてもかなり有効な手段ではあります。目の周りなど部分的に施術ができない個所もありますが、眉毛の形を整えたり、口周りの産毛をきれいにしたいという場合には、効果が得られにくいレーザーよりも短時間で確実にムダ毛を処理することができますのでおすすめです。痛みに弱い人の場合には、麻酔を行いながら処理することもできますので、痛みもそれほど感じません。レーザーではなかなかできない狭い範囲の処理も可能です。